通信制高校は就職に不利ではない

通信制高校は高卒資格を取得するための手段です。その点でいえば、全日制の高校でも変わりはなく、就職で不利になるということはありません。高校生日記では将来に繋がる通信制高校の情報をお届けしています。


通信制高校からでも就職はできる

通信制高校出身だからと言って就職試験で不利になる事はありません。採用試験は会社側が設定した基準のもとだれもが平等に行なわれます。会社側が求める能力を保持している事人間性である事が求められます。実際に募集要項に「通信制高校出身者はダメ」というような条件を目にした事はないでしょう。しかし、高校中退などの経歴がある方にはその理由を問う趣旨の質問がなされる事があります。受験者の経歴に質問が出るのはごく通常の事ですので、きちんと答えられるようにしておきましょう。経験をポジティブに変えていく事が大事です。実際に「通信制高校出身だからこそ感じられるバイタリティに魅力を感じた」という理由で採用になった方もいるようです。


進学を目指している人へ

大学や専門学校での進学でも問題はありません。平等な試験が行われます。必要なのは求められる学力です。また、推薦入試でも不利になる事はありません。全日制高校との評価体系が根本的に違う為比較されるような事はないのです。高校生日記では実際に通信制に通う生徒の達の疑問に答えていきます。