通信制高校から進学を目指す

高校生日記では通信制高校から大学進学を果たした声もよく聞かれます。世間的には通信制は大学進学において全日制の高校と比べてやや不利ではないかという意見がありますが実際は決してそんな事はありません。


そもそも何故不利と思われがちなのか

通信制の高校が進学に向いていないと判断されがちな理由としてよくあげられる理由は、まず全日制に比べて必要な登校数が少なく進学に十分な勉強が出来ないのではないかといった声です。しかしこれはあくまで全日制と比べて通信制は勉強に対する拘束力が少ない事に起因している為、空いたその分の時間を自主的な学習にあてれば条件は全日制と変わりません。また通信制の高校は通う事でちゃんと高校卒業の資格を得る事が出来るよう構成されている為、基礎的な学力は十分身に付くようになっています。またもう1つの理由として通信制は全日制と違い特殊な学校であるというイメージからAOや面接で不利なのではないかと言われていますが、前述の通り高校卒業の資格は全日制とまったく同じものなので面接の際に区別される事はまずありません。


高校生日記のおすすめ勉強法

ただ一方で確かに全日制と違い自主的に勉強できる強い意志が無いと全日制相応の勉強を続けるのが困難なのは確かです。その為一人では無理だと思ったらすぐに通信制の先生や高校生日記に助けを求めましょう。通信制には大学進学を目指す人をサポートする十分なノウハウが備わっているので単純に勉強を教えてもらう以外にも、勉強を続ける為のコツなど様々なサポートが受けられます。