合理的な仕組みの通信制高校

最も重要な要素である通信制高校の単位は、三つの要素をクリアして初めて修得が出来ます。その一つは、年間に定められているレポート枚数を全て作成・提出し、高校の先生の添削で合格する事が条件であり、不合格であれば再提出する事になります。二つ目は、各科目のスクーリングに出席し認められることです。三つ目が単位認定試験に合格する事です。これらの要素が全て完遂できれば、単位修得が出来ます。自分の裁量で勉強が出来ても、それが一定基準以上の成果が出なければ卒業できない仕組みになっており、勉強のやりがいがあります。


<自宅の学習だけではありません>

通信制高校は自宅での学習以外に、一定の時間高校に通い授業を受けるスクーリングがあり、参加を義務付けられています。このことは、通信制高校とはいえ高校で直接授業を受けられる機会が持てるので、同じ志を持った人たちとの交流や、先生の直接指導が受けられるので、実りの多い成果が得られます。高校によってスクーリングの頻度は違いますが、日曜日登校や、平日に登校日が設定されている場合もあるので、事前の確認が必要です。


<その他のイベント>

授業以外の活動として、高校生活を体験できる学校行事もあるので、参加が必要です。これらの要素を最低3年間かけて全て修了できれば、嬉しい高校卒業証書がもらえます。

<参照リンク>