他システムの高校から通信制高校への編入や転入

全日制や定時制の高校は、通学することが前提となってカリキュラムが組まれています。
必然的に集団生活というものも学べるようになっていますが、このシステムに馴染めない生徒には、苦痛となってしまうこともあります。
そういった意味からも、通信制高校の「自分のペースで学習計画をたてることができる」というシステムが受け皿としての意義を担っていることも見逃せません。


<通信制高校へ編入を希望する場合>

何らかの理由で他の高校を中退し、通学にブランクがあって通信制高校へ入学するケースは、編入となります。
この時には入学試験の時期を待って挑戦するということになります。
学校によっては年に1回とは決まっていませんので、思い立ったときのタイミングによっては1年待たなければならないということでもありません。
今まで取得している単位についても、編入後は生かされます。


<通信制高校へ転入を希望する場合>

通っている学校などが合わないといった理由で通信制高校に「移る」というケースは転入となります。
この場合には、時期は関係ありません。
普通の全日制で転校があるのと同じで、いつ転入しても受け入れられます。
ですからどうしてもその高校に馴染めなかったり、何らかの問題を抱えてしまったときには、受け皿となる通信制があるということが、大変助けとなることもあるのです。
当然その時点で取得している単位は、新しく所属する通信制においても生かされます。