通信制高校選びは選択科目をチェックしよう

通信制高校では単位制という仕組みを利用しています。この仕組みは卒業するために最低74単位を修得することを条件としているもので、必修科目と選択科目と2種類に分かれています。大学でも同じように単位制を利用していて、自分で一部の教科を選んで学習を行うことができます。


通信制高校の選択科目はさまざま

私立では特に、通信制高校の選択科目は非常に個性豊かになっています。一年生では必修科目が多いのですが、学年を進むごとに、自分で選ぶことのできる科目がどんどん増えてきます。そのため、芸能活動をサポートしている学校などでは、ダンスや演劇の公演などを単位として認めているところもあるそうです。通信制高校の選択科目は芸術科目だけでなく、全日制で学ぶ数学なども含まれているので、先生のアドバイスなどを参考に自分で時間割を組み立てます。


進学を考える場合は早めに相談を

大学や専門学校によっては、選択科目に含まれる生物や物理などの科目を、受験資格に含んでいるところもあります。選択科目なので必修ではありませんが、自分の進路が決まっている、または将来やりたいことがある場合には、先生や通信制高校の窓口などに相談してみましょう。単位修得がない場合には、試験はもちろん、入学資格がないという状況になってしまいます。自分で単位や時間割も管理することが、通信制高校では非常に大切なことです。

参考ページ:ルネサンス高等学校 評判

通信制高校から進学を目指す

高校生日記では通信制高校から大学進学を果たした声もよく聞かれます。世間的には通信制は大学進学において全日制の高校と比べてやや不利ではないかという意見がありますが実際は決してそんな事はありません。


そもそも何故不利と思われがちなのか

通信制の高校が進学に向いていないと判断されがちな理由としてよくあげられる理由は、まず全日制に比べて必要な登校数が少なく進学に十分な勉強が出来ないのではないかといった声です。しかしこれはあくまで全日制と比べて通信制は勉強に対する拘束力が少ない事に起因している為、空いたその分の時間を自主的な学習にあてれば条件は全日制と変わりません。また通信制の高校は通う事でちゃんと高校卒業の資格を得る事が出来るよう構成されている為、基礎的な学力は十分身に付くようになっています。またもう1つの理由として通信制は全日制と違い特殊な学校であるというイメージからAOや面接で不利なのではないかと言われていますが、前述の通り高校卒業の資格は全日制とまったく同じものなので面接の際に区別される事はまずありません。


高校生日記のおすすめ勉強法

ただ一方で確かに全日制と違い自主的に勉強できる強い意志が無いと全日制相応の勉強を続けるのが困難なのは確かです。その為一人では無理だと思ったらすぐに通信制の先生や高校生日記に助けを求めましょう。通信制には大学進学を目指す人をサポートする十分なノウハウが備わっているので単純に勉強を教えてもらう以外にも、勉強を続ける為のコツなど様々なサポートが受けられます。

通信制高校で充実した学校生活を送るならどうするべきなのか?

全日制のように毎日充実した学校生活を通信制でも過ごしたいと考えている人もいると思いますが、そのためには工夫することが必要です。
出された課題を自宅ではなくて図書館や学校の自習室で行なう事でモチベーションもアップしますし、学校の自習室で進めるのでしたら分からない問題にぶつかってしまった時でも先生に質問して解決することが出来ますので、とても捗ります。
また、通信制高校でも学校行事が豊富に行われるようになっていますから、積極的に参加することで楽しい思い出が作れますし友達作りのチャンスも作り出せます。


通信制高校だって部活があります!

部活動は全日制の方にしかないと思っている人もいるようですが、実は通信制の方にも部活動はあります。
もちろん、設けていない通信制高校もあるのですが設けている場所では、様々な部を用意してくれているので楽しめます。
文化系も運動系も幅広くある場所もありますし、中には全日制の生徒と一緒に部活動をすることのできる通信制高校もあるみたいです。
普段アルバイトをしている人はそちらを頑張っていただきたいですが、していない人は部活動に参加して充実させてみませんか?


出来るだけ無理をしない事

通信制は自学学習が基本になりますから、きちんと自己管理をしながらレポートを進めたりスクーリングに参加しなければいけません。
頑張るというのは非常に良い事で素晴らしい事ではありますが、無理をしてしまいますとスクーリングを欠席してしまったりすることも。
ですから、あまり無理をせず体調が悪いときや疲れてしまった時には、しっかり休むことも大切なのです。
充実した生活を送りたいと考えるならば、きちんと休息の時間も作ってあげるようにして下さいね。

通信制高校だからこその強みを活かして未来をつかむ

一般的な通信制高校に対するイメージは決して良いとは言えません。

一昔前なら、定時制高校に通えなくなった子供が仕方なしに通う、ドロップアウトした子供のための学校だというイメージが強かった通信制高校ですが、今は通信制高校も多様化しており、一概に昔のイメージ通りとは言えません。

その全日制高校に通うより自由になっている時間を活かして、将来のための勉強などをすることができるため、通信制高校は決してだめなものとは言えません。


通信制高校の強みといえば自由になる時間

自分で受ける授業の時間を管理することができるため、マイペースな時間配分をすることができます。

時間管理を自分で行う必要はあるものの、その開いた時間を自分の将来のために使うことができるのは大きな強みです。その時間勉強にあてるのも良し、何かの練習や準備にあてることだってできますよね。


専門的な授業をしているところも

今の通信制高校では、専門学校のように専門の講師を招いて、より実技に近い授業を受けられるコースを設けている高校も多いです。

これを利用して、一般の授業の他に実務的な知識と経験を積むことができれば、その後の就職に生かすことができますよね。これは全日制には無い強みです。

不登校でも通信制高校に入学できる?

通信制高校の中には生徒の9割が不登校を経験しているという学校もあります。そういった学校は、不登校を経験した生徒に対してのフォローが手厚い学校ということが多々見られます。不登校であっても通信制高校の入学には、全く問題はありません。不登校を経験してしまうと、どうしても人から否定されたということを強く感じてしまい、消極的になります。通信制高校ではもう一度人と対面する勇気が出てこないのではないかとか、でも人の中に入ってゆくのか怖いとか、様々な思いを抱えてしまうでしょう。しかし9割が経験者であるという学校があることからもわかるように、同じ学校に入学した生徒は、自分と同じ思いをかかえている人たちかもしれません。


<様々なタイプが学校にはある>

大学進学に力をいれている学校もあれば、資格取得に力を入れているものもあります。また不登校やひきこもりの生徒をサポートすることに力をいれている学校もあるのです。専門のカウンセラーを常駐させ、すこしずつ学校に出てくることが出来るようにサポートしてくれます。スクーリング以外は通学を強制されませんが、毎日通っても対応できる学校であれば、すこしずつ友だちを作ったり、学校生活を楽しめるようになることも期待できます。

就職を重視した通信制高校への進学

通信制高校を選択したことによる、就職でのデメリットというのは、余り無いとされています。
全体的な就職難ということはあり、就職先を見つけるのは難しい状況にありますが、それは全日制であれ大卒であれ同じです。
通信制の卒業だから敬遠されるということはなく、また就職に強い通信制の高校を選択することで、更に有利になります。


<就職に有利な通信制高校>

通信制高校にも、次なる進学を重視した指導を行なっている学校と、就職に特化した傾向にある学校があります。
母体がビジネス系の専門校を持つ通信制高校であれば、就職先に太いパイプを持っている学校が多く見られます。
その母体の就職率が、通信制においても反映されると考えられます。
また技能学校との連携を持つ学校であれば、在学中に技能を身につけることもできますし、それを単位として加えることが出来るシステムもあります。
全日制でも農業高校や工業高校、商業高校は就職率が9割を超えています。
技能学校との連携を持っている通信制高校は、このような学校と同じ特性をもちますので、就職に有利となる要素です。
技能学校を卒業しても高校卒業の資格を得ることはできませんが、通信制で卒業資格を得ることが出来るという点も、大変有利です。

他システムの高校から通信制高校への編入や転入

全日制や定時制の高校は、通学することが前提となってカリキュラムが組まれています。
必然的に集団生活というものも学べるようになっていますが、このシステムに馴染めない生徒には、苦痛となってしまうこともあります。
そういった意味からも、通信制高校の「自分のペースで学習計画をたてることができる」というシステムが受け皿としての意義を担っていることも見逃せません。


<通信制高校へ編入を希望する場合>

何らかの理由で他の高校を中退し、通学にブランクがあって通信制高校へ入学するケースは、編入となります。
この時には入学試験の時期を待って挑戦するということになります。
学校によっては年に1回とは決まっていませんので、思い立ったときのタイミングによっては1年待たなければならないということでもありません。
今まで取得している単位についても、編入後は生かされます。


<通信制高校へ転入を希望する場合>

通っている学校などが合わないといった理由で通信制高校に「移る」というケースは転入となります。
この場合には、時期は関係ありません。
普通の全日制で転校があるのと同じで、いつ転入しても受け入れられます。
ですからどうしてもその高校に馴染めなかったり、何らかの問題を抱えてしまったときには、受け皿となる通信制があるということが、大変助けとなることもあるのです。
当然その時点で取得している単位は、新しく所属する通信制においても生かされます。

通信制高校の生徒をサポートする学校

通信制高校の生徒が場合は、そのシステムの特徴から大部分が自宅での独学で学んでいくことになりますが、自分の力だけではなかなか難しい場合も出てきます。そのような場合にいろいろと支援してくれる学校があり、そのような学校をサポート校というそうです。


通信制高校と提携してサポート

サポート校の役割は、その言葉のとおり通信制高校に在籍する生徒をサポートして、円滑に学習が進められるようにすることですが、単に学習面だけでなく生活面まで及ぶこともあるようです。運営はいろいろな教育関係の機関が行っていて、それぞれのノウハウを生かして通信制高校の生徒が卒業できるようにサポートします。通信制高校と提携しているところが多く、通信制高校入学と同時に入学できるようになっていることもあるようです。


いろいろなサポート

サポート校の多くは本来の役割である通信制高校の生徒を無事に卒業させるためのサポートを行っていますが、それだけにとどまらず併行してそれ以外のいろいろなサポートを行っているところもあるようです。専門的な知識や技能が身につけられようになっていたり、大学への進学を見据えた学習ができるようにサポートしたりしてくれるところもあるようです。また全日制高校に通っているのと変わらないような体験ができるようなところもあるようです。

合理的な仕組みの通信制高校

最も重要な要素である通信制高校の単位は、三つの要素をクリアして初めて修得が出来ます。その一つは、年間に定められているレポート枚数を全て作成・提出し、高校の先生の添削で合格する事が条件であり、不合格であれば再提出する事になります。二つ目は、各科目のスクーリングに出席し認められることです。三つ目が単位認定試験に合格する事です。これらの要素が全て完遂できれば、単位修得が出来ます。自分の裁量で勉強が出来ても、それが一定基準以上の成果が出なければ卒業できない仕組みになっており、勉強のやりがいがあります。


<自宅の学習だけではありません>

通信制高校は自宅での学習以外に、一定の時間高校に通い授業を受けるスクーリングがあり、参加を義務付けられています。このことは、通信制高校とはいえ高校で直接授業を受けられる機会が持てるので、同じ志を持った人たちとの交流や、先生の直接指導が受けられるので、実りの多い成果が得られます。高校によってスクーリングの頻度は違いますが、日曜日登校や、平日に登校日が設定されている場合もあるので、事前の確認が必要です。


<その他のイベント>

授業以外の活動として、高校生活を体験できる学校行事もあるので、参加が必要です。これらの要素を最低3年間かけて全て修了できれば、嬉しい高校卒業証書がもらえます。

<参照リンク>

高校生日記、社会学者も悩んだ高校生時代

高校生日記というタイトルの本をご存知ですか?加藤諦三という社会学者が出している文庫本で、自分の高校自体を振り返った、実話に基づいたエッセイ本です。ニッポン放送で長い間、電話での人生相談なども受けている非常に有名な人です。


高校生日記でも描かれる10代の輝き

高校生日記では、都立の高校に進学した著者の青春時代の壁にぶつかった経験などがまとめられています。著者も高校生で大きな壁にぶつかり、何度も挫折を経験しているのです。通信制高校がまだ珍しかった時代のお話ではありますが、高校生の頃しか見えないキラキラとした世界はそのまま、今も通用すると言えるのではないでしょうか?


通信制高校でも思い出はたくさんできる

通信制高校は全日制高校と違って通う日数が少ないですが、高校によっては集中スクーリングなどを行っていることから、年に1度、校外学習という形で大自然の中で体験学習なども楽しむことができます。また、少人数で指導を行っていることから、きめ細やかな授業を受けることも可能です。高校生日記で著者が「今、きみたちは自分がどんなにすばらしい人生の時代に生きているかに気がついていない。」という文章が示す通り、過ぎてからでないと気が付くことのできない大切な時間を充分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

通信制高校の合宿で思い出作り

高校生日記には通常の全日制高校では体験できない様々な通信制高校のイベントを通して一生ものの思い出が出来たという声が多く寄せられています。日々のスクーリングや専門コースでの体験など思い出の種類も様々ですが、その中でも特に印象的だった合宿式スクーリングのお話を紹介します。


高校生日記、大自然遠征編

高校生日記では通信制の中には年に数日間、大自然の中で体験学習を伴う合宿がスクーリングの代わりに行われている所があるとよく耳にします。例えば今回の話では北関東にある大自然に囲まれた山奥の施設で3泊ほどの合宿だったようです。体験学習は初めて知り合った同じ通信制の人達と共同で行うオリエンテーションが主体となっています。内容も3日間でそれぞれ異なり、ハイキングで指定された目標物を見つけて戻ってくる内容の日もあれば、協力して木材を加工して椅子作りに励む日もありました。最初は知らない人達とずっと一緒だと聞いていたので不安でしたが逆に全く知らない分わだかまりが無かった事がよかったのか、二日目には自然に会話が生じるようになっていました。


スクーリング合宿のその後

合宿最終日には当人や周囲でも当初想像できなかった程仲良くなり、講師の先生に少し静かにして欲しいと注意されたのがとても印象に残っています。まさか自分がそんな注意を受ける日が来るとは思っておらず今でも忘れられない思い出です。最後には同じグループで頑張って来た生徒の方と連絡先を交換するまでに至り、今もそれなりの頻度で連絡を取り合っています。

通信制高校は就職に不利ではない

通信制高校は高卒資格を取得するための手段です。その点でいえば、全日制の高校でも変わりはなく、就職で不利になるということはありません。高校生日記では将来に繋がる通信制高校の情報をお届けしています。


通信制高校からでも就職はできる

通信制高校出身だからと言って就職試験で不利になる事はありません。採用試験は会社側が設定した基準のもとだれもが平等に行なわれます。会社側が求める能力を保持している事人間性である事が求められます。実際に募集要項に「通信制高校出身者はダメ」というような条件を目にした事はないでしょう。しかし、高校中退などの経歴がある方にはその理由を問う趣旨の質問がなされる事があります。受験者の経歴に質問が出るのはごく通常の事ですので、きちんと答えられるようにしておきましょう。経験をポジティブに変えていく事が大事です。実際に「通信制高校出身だからこそ感じられるバイタリティに魅力を感じた」という理由で採用になった方もいるようです。


進学を目指している人へ

大学や専門学校での進学でも問題はありません。平等な試験が行われます。必要なのは求められる学力です。また、推薦入試でも不利になる事はありません。全日制高校との評価体系が根本的に違う為比較されるような事はないのです。高校生日記では実際に通信制に通う生徒の達の疑問に答えていきます。

通信制を選んだ理由

通信制高校を選ぶのには人それぞれ理由があります。働きながら高卒を目指したい、それまでの学校生活から全日制へ通うのに抵抗があるなどその理由はさまざまです。高校生日記ではそのさまざまな理由をお伝えしていきたいと思います。人それぞれの理由とともに、その人にあった学校が必ずあるはずです。


どんな人にも通いやすいシステム

中学の時に人間関係のトラブルで通学自体が難しい状態になってしまい、全日制高校に通う事に不安を覚えていました。そんな時に通信制高校と言うものを知りました。色々な学校があり、自分の状態などに合わせて自宅学習から登校日を増やす事も出来ると言う学校もあります。慣れてきた二年目以降は多めに通学をする形式に移行していく事が出来るのも良かったと思います。また、サポート校を利用できました。


高校生日記を学校選びの参考に

勉強以外のさまざまなカリキュラムも利用できる学校もあります。声優や演技、英会話などの体験を通じて将来の夢に繋がる事を見つける事が出来ます。そこから目標や進路を定めてゆけます。高校生日記はそういった色々な学校やカリキュラムを選ぶときの一つの参考になります。自分に合っている学校を選べることが高校卒業を目指すのはもちろんの事、その後の進路へも関わる第一歩となります。

通信制高校でやりたい事を見つける

通信制高校出身だと進学や就職に不利に成り易いと考えている方がいる方がいるかもしれませんが、まったくの間違いです。通信制高校はひとつの通過点、手段にしかすぎません。通信制高校でも高校生日記は描けます。


高校生日記にやるべき事を描こう

大事なのは卒業した後に何をしていたいかです。生きていく為には自分でお金を稼ぐ術を持っていなければなりません。好きな事を仕事にしたいのか、それとも好きな事は趣味として人生を豊かにする要素で仕事はまた違うものに挑戦していきたいのか。操業後を考えるのは生きる事を考える事でもあります。明確なものが見えたとしても、見えないにしてもやるべき事は判明するはずです。特化した知識や技術を身に着けるのか、全般的な知識をある程度蓄えて広い視野を持ちたいのか、ひたすらにやりたい事を見つける為にいろいろな事に挑戦するのか。様々な選択視があるのです。


通信制高校で自分と向き合う

通信制高校ではどの選択視を選らんだとしても努力次第でたどりつける事ができるはずです。なぜなら、自由に使える時間が与えられるから、自分と向き合う時間がたっぷりとあるのです。時間が多い分、その管理能力は求められてしまいます。正直に申しますと、何もしなくても通信制高校は簡単に卒業できてしまうと考えるのは危険です。しかし、地道に積み上げたものは確実に身に付くものなのです。高校生日記を振り返った時にターニングポイントだったと気づく日が来るかもしれません。

通信制高校に通うメリット

高校生日記では通信制高校に通う生徒の気持ちを意識したサイトです。これから通う方に通信制高校に希望を持って入学してほしいと考えているのです。通信制高校だからこそできる事、チャレンジできる事もあるのです。


通信性高校は夢に一番近い学校

通信制に入学する事は将来の可能性を狭くするものではありません。話はそれますが「ゆとり世代」と言われる世代の中には優秀なスポーツ選手を多く輩出しているのをご存じでしょうか。その理由は自分の好きな物、興味のあるものに使う時間が多かったからだと言われています。通信制高校では、膨大な量の自由な時間を与えられます。自由であるが故、管理が難しい事が難点ではありますが、与えられた課題をこなしつつ、それ以外の時間は好きな事を追及する事でその道の知識を深める、技術を高める、才能を開花させる事も夢ではないのです。


高校生日記では生徒を応援

自己責任・自己管理この2つは通信制の大原則とされるものです。この2つは学力だけではなく、人間的な要素を育てるものでもあります。就職や進学に関しても通信制高校が不利になるという事はありません。また、専門的な知識を深める事ができる場でもあるため学校によっては各種資格取得できるカルキュラムを設定している事も多いようです。高校生日記ではそのような学校の情報をお届けしていきます。